サウナでジヒドロテストステロンを減らす!

この記事は約2分で読めます。

サウナ

ジヒドロテストステロンと聞くと、
「薄毛、抜け毛に影響がある」
「モテない要素」
と聞いたことがある人が多くいらっしゃるのではないでしょうか?
マイナス要素が強いイメージがあるので、ジヒドロテストステロンはあまり出したくないですよね。
そのジヒドロテストステロンの生成を減らすのに最適なのが、サウナと言われることが多いです。
なぜ、サウナがジヒドロテストステロンを減らすのか調べてみました。

ジヒドロテストステロンとは?

そもそもジヒドロテストステロンとはどういったものなのか?
ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結合することでできます。
5αリダクターゼとは男性型脱毛症の原因物質と呼ばれており、Ⅰ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼに別れます。
Ⅰ型5αリダクターゼは脇毛などの皮脂腺に多く含まれており、Ⅱ型5αリダクターゼは頭皮やヒゲに含まれています。
男性型脱毛症は主にⅡ型5αリダクターゼが影響していると言われています。
Ⅱ型5αリダクターゼとテストステロンが結合すると薄毛や抜け毛に影響があるという事になるので、いかにして結合させず、ジヒドロテストステロンを生成させないかが、抜け毛、薄毛対策には良いということです。

なぜサウナがジヒドロテストステロンを減らすのか?

ジヒドロテストステロンは汗を掻くことで減らすことができると最新の結果ではわかっています。
汗を掻く手段としては運動などもありますが、サウナーやととのえる等、ブームが来ているサウナです。
サウナは90度前後の室内できつくなるまで、居座ることで大量の汗を短時間で簡易的に掻くことができるため、運動が苦手な方や運動をする時間がない方におすすめです。
ジヒドロテストステロンを減らす以外にも

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 快眠効果
  • リフレッシュ効果

詳しくはこちら
サウナはモテる?サウナに入ってテストステロンを上げよう!
上記のような効果があり、サウナに入ることによって血流の流れが良くなり、健康的な身体を作ることができます。

まとめ

サウナを活用することで、大量の汗を流し、汗とともにジヒドロテストステロンを減らす。
ジヒドロテストステロンを減らすことで抜け毛や薄毛対策になり、血流が良くなるので、育毛効果がある。
サウナは男性にとって必須な場所ですね!
ただ、サウナは入るときに注意事項もあり、体調不良の時やアルコール摂取後のサウナは控えましょう。
脱水状態になり、最悪のケース、死に至る場合もあります。
体調が良いときにアルコールを少し、我慢していただき、サウナ後にアルコールを摂取しましょう。

タイトルとURLをコピーしました